昭和 8年 4月   姫路市白浜町甲825にて松井製鎖所(火造り

             チェーン製造)として創業

             代表者 松井虎次

 

昭和17年 8月   松井政製鎖所と改名

             代表者 松井政一

 

昭和21年 2月   火造りチェーンより熱間ボルト製造に

             切り替わる

 

昭和26年 2月   株式会社松井鉄工所設立(資本金30万円)

             代表取締役 松井政一

 

昭和29年10月   姫路市白浜町甲829に本社工場移転

 

昭和30年 9月   資本金110万円に増資

 

昭和42年 6月   姫路市白浜町甲791に船舶用チェーン

             工場新設

 

昭和45年 7月   資本金300万円に増資

 

昭和46年 8月   資本金800万円に増資

 

昭和47年 4月   AMP-20型パーツフォーマー導入により

             本社ナット工場を 姫路市白浜町丙219

             に移転

 

昭和49年 6月   AMP-20型機増設

 

昭和49年 6月   日本工業規格表示許可(JIS B1186)

 

昭和50年 2月   資本金1,200万円に増資

 

昭和51年 4月   熱処理ライン新設

 

昭和55年 9月   MW-3型フォーマー増設

 

昭和56年12月   資本金1,800万円に増資

 

昭和61年12月   本社ナット工場を現在地へ移転、

             MW-48型フォーマー増設

 

昭和63年 3月   製鎖部門を分離

             代表取締役 松井稔幸

 

平成 3年 7月   移転に伴い日本工業規格許可

             (JIS B1186 591017)

 

平成 5年 6月   焼き戻し炉増設

 

平成19年 12月   新JIS認証

             (JIS B1186 JQA JQ0507072)以降更新中

 

平成22年 2月   代表取締役 松井信彦

 

創業二代目

初代社長

 

松井政一

昭和45年頃

製鎖工場

旧白浜工場